イヌスギナ

トップ > トクサ目 > トクサ科

 「イヌスギナ」は北海道から本州中部にかけて分布するトクサ目トクサ科の夏緑性シダ植物です。川原など日当たりの良い湿地に群生し,草丈は20cmから60cm程度になります。
 地下茎は長く伸び所々から地上茎を伸ばします。本種は「スギナ」に似ていますが,スギナの胞子茎は「ツクシ」と呼ばれ,栄養茎とははっきり違います。しかし本種の胞子茎と栄養茎は似ていますが,胞子茎は先端に胞子嚢穂をつけることで見分けることができます。

 胞子茎にも枝が輪生します。