クロマツ

トップ > マツ目 > マツ科

 「クロマツ」は本州から九州にかけて分布するマツ目マツ科の常緑高木です。海岸の岩の上や砂浜海岸などで見ることができるほか,海岸線に防砂林として植栽されています。
 樹高は30m程度まで伸びますが,50mを越えるものもあります。樹皮は灰黒色で亀甲状に割れ目が入ります。葉は二葉で先端に触ると痛みを感じます。本種は「アカマツ」と比較して力強いイメージがあるため,「雄松(おまつ)」とも呼ばれます。