シソバタツナミソウ

トップ > シソ目 > シソ科 > タツナミソウ属

 「シソバタツナミソウ」は本州から九州にかけて分布するシソ目シソ科タツナミソウ属の多年草です。丘陵地から低山のやや湿った林縁や林内に生育し,草丈は10cmから20cm程度になります。
 根茎は細く匍匐し,茎は直立して短毛が上向きに密生させます。葉は三角状の卵形で縁には丸みを帯びた鋸歯があります。また葉脈には赤紫褐色の斑が入るものが多いですが,緑色のものもあります。花期は5月から6月で,青紫色の花を咲かせます。

 上の写真は「ツクシタツナミソウ」の様にも見えますが,撮影場所が関東地方なので,「シソバタツナミソウ」だと思われます。