ハマボウフウ

トップ > セリ目 > セリ科

 「ハマボウフウ」は北海道から沖縄にかけて分布するセリ目セリ科の多年草です。海岸の砂地に自生していますが,海浜の浸食や海岸線の開発などで,近年自生地が著しく減少しています。
 葉は1回から2回3出複葉で,小葉は楕円形で肉厚で光沢があります。花期は5月から7月で,花茎の先にカリフラワーのような花を咲かせます。本種は山菜として食用にするほか,漢方薬や民間療法薬として利用されることもあります。

 葉は肉厚で光沢があります。また縁には鋸歯があります。

 花は地面に張り付くように咲きますが,ときには花茎が伸びることもあります。