ヤマジノホトトギス

トップ > ユリ目 > ユリ科

 「ヤマジノホトトギス」は北海道西部から九州にかけて分布するユリ目ユリ科の多年草植物です。樹木の下や林の縁など日当たりが弱いところに自生しています。「ホトトギス」の名前の由来は,花の斑紋が鳥のホトトギスの胸の模様に似ているところからつけられました。
 この植物を見たとき毒々しさを感じましたが,「ヤマジノホトトギス」という風雅な名前が付いているとは思いませんでした。