カタバミ

トップ > カタバミ目 > カタバミ科

 「カタバミ」は日本全土で見ることができるカタバミ目カタバミ科の多年草です。繁殖力が極めて高いので街中の至る所に自生するため、雑草として扱われることが多い草です。
 花は春から秋にかけて黄色の5弁の花を咲かせます。葉はハート型で,シロツメクサのように3枚つけています。夜になると写真のように葉を中央で半分に折るようにして閉じてしまいます。