ツクバネソウ

トップ > ユリ目 > シュロソウ科

 「ツクバネソウ」は北海道から九州にかけて自生するユリ目シュロソウ科の多年草です。山地の林内や林縁に生育し,草丈は15cmから40cm位になります。
 葉は4枚が輪生し,5月から8月頃に淡黄緑色の花を上向きにつけます。秋に羽根突きの羽子(はご)に似た実が黒紫色に熟し,それが名前の由来になりました。