コメツブツメクサ

トップ > マメ目 > マメ科

 「コメツブツメクサ」は北海道から沖縄にかけて分布するマメ目マメ科の一年草です。ヨーロッパから西アジア原産の帰化植物であり,日本には1930年代に帰化が確認されました。
 草地や道端などに群生し,草丈は20cmから40cm程度になります。葉は3小葉で,小葉は倒卵形をしています。花期は4月から7月で,5個から20個の黄色い花が球状に集まって咲きます。

 花が終わっても花弁が落ちず,受粉がすんだ花から順に下向きになります。