コメツブウマゴヤシ

トップ > マメ目 > マメ科

 「コメツブウマゴヤシ」は北海道から九州にかけて分布するマメ目マメ科の一年草または越年草です。ヨーロッパ原産の帰化植物であり,日本には江戸時代に渡来し,現在では道端や畑,林縁などで見ることができます。
 茎は根元から分枝して地面を這うように広がり,長さ30cmから60cmになります。葉は3小葉からなり,小葉は倒卵形で葉の先には鋸歯があります。花期は5月から7月で,葉腋からのびた花柄に黄色い小さな花を20個から30個くらい咲かせます。

   葉の先に鋸歯が見られます。