ヤマオダマキ

トップ > キンポウゲ目 > キンポウゲ科

 「ヤマオダマキ」は北海道から九州にかけて分布するキンポウゲ目キンポウゲ科の多年草です。山地の道端や林縁などに生育し,草丈30cmから100cmくらいになります。
 地下には太い根茎があり,根出葉は2回3出複葉で小葉は扇形をしています。花期は6月から8月で,花弁はクリーム色でガクの色が紅紫色をしています。花の形が糸を巻く道具である苧環(おだまき)に似ていることが名前の由来になっています。