ハキダメギク

トップ > キク目 > キク科

 「ハキダメギク」は,熱帯アメリカ原産の帰化植物であり,日本全土で見ることができるキク目キク科の一年草です。夏から秋にかけて小さな花を咲かせますが,花びらに見える舌状花が5枚あるので同定は容易です。
 「ハキダメギク」とは気の毒な名前ですが,植物学者の牧野富太郎が世田谷の掃きだめで発見したので,この名前が付いたということです。