ミソハギ

トップ > フトモモ目 > ミソハギ科

 「ミソハギ」は北海道から九州にかけて分布するフトモモ目ミソハギ科の多年草です。山野の湿地や田の畦などに生えるほか栽培されることもあり,草丈50cmから1mくらいになります。
 葉は広披針形で十字状に対生します。花期は7月から8月で,紅紫色の花を上部の葉腋に多数咲かせます。盆花として使われるので,「ボンバナ」,「ショウリョウバナ」などの別名があります。