ウツボグサ

トップ > シソ目 > シソ科

 「ウツボグサ」は北海道から九州の山野や道端などに自生するシソ目シソ科の多年草です。
 6〜7月頃に紫色の花を付けますが,その後花穂は枯れて褐色になります。その枯れた花穂は「夏枯草(カゴソウ)」といい,生薬として利用され,利尿・消炎作用があります。