ゴウソ

トップ > イネ目 > カヤツリグサ科

 「ゴウソ」は北海道から沖縄にかけて分布するイネ目カヤツリグサ科の多年草です。
 湿地などに生育し,5〜6月に穂をつけますが,先端の細長い穂が雄性で,その下の太い穂が雌性です。この穂の様子が釣り竿にかかった魚のように見えるため,「タイツリスゲ」の別名があります。