クサレダマ

トップ > ツツジ目 > サクラソウ科 > オカトラノオ属

 「クサレダマ」は北海道から九州にかけて分布するツツジ目サクラソウ科オカトラノオ属の多年草です。湿原の周辺や沼沢地に生育し,7月から8月にかけて茎の先端に円錐状に多数の花を咲かせます。
 「クサレダマ」というと「腐れ玉」というイメージを持ちがちですが,「連球(れだま)」という植物に似ていて,草本であることから「草連球(くされだま)」という名前がつきました。また花が黄色いところから「イオウソウ(硫黄草)」の別名があります。