ムラサキツユクサ

トップ > ツユクサ目 > ツユクサ科

 「ムラサキツユクサ」はツユクサ目ツユクサ科の多年草です。北アメリカ原産の帰化植物で,明治時代に観賞用として入ってきました。林の縁などで日当たりのよい場所で自生し,6月から9月にかけて3枚の花弁を持つ花を咲かせます。
 1つの花は1日で萎んでしまいますが、たくさんのつぼみがあるので,毎日綺麗な花を見ることができます。