テイカズラ

トップ > リンドウ目 > キョウチクトウ科

 「テイカカズラ」は本州から九州にかけて分布するリンドウ目キョウチクトウ科の常緑つる性植物です。樹木や石垣などに付いて生育し,6月頃に白い花を咲かせます。花はプロペラのようにねじれているのが特長です。
 名前の由来は,一人の女性を愛した藤原定家が,彼女の死後も彼女を忘れられず,この葛に生まれ変わり彼女の墓に絡みついたという能の演目「定家」からきているといわれています。