ヒオウギ

トップ > キジカクシ目 > アヤメ科

 「ヒオウギ」は本州から沖縄にかけて分布するキジカクシ目アヤメ科の多年草です。山野の草地などに自生しますが,花が綺麗なため観賞用として栽培されることが多い植物です。
 8月頃に,オレンジ色で赤い斑点が入る綺麗な花を咲かせますが,一日で萎んでしまいます。
 葉に特長があり,長い剣状の葉を扇状に開くことから「檜扇(ひおうぎ)」の名前が付けられました。