ハエドクソウ

トップ > シソ目 > ハエドクソウ科

 「ハエドクソウ」は北海道から九州にかけて分布するシソ目ハエドクソウ科の多年草です。低山の林の中などに生育し,7月から9月にかけて小さい花を下から順に咲かせていきます。
 草全体が有毒であり,根の絞り汁で「ハエ取り紙」を作ったことが,名前の由来になっています。