ミズタマソウ

トップ > フトモモ目 > アカバナ科

 「ミズタマソウ」は北海道から九州にかけて分布するフトモモ目アカバナ科の多年草です。山地や丘陵地の林の中や縁などに自生し,夏に白い小さな花を咲かせます。
 花の後に緑色の丸い実を付けますが,カギ状に曲がった毛が密集し,それを水玉に見立てたのが名前の由来になっています。