オオウバユリ

トップ > ユリ目 > ユリ科

 「オオウバユリ」は北海道から本州中部にかけて分布するユリ目ユリ科の多年草です。林の中や縁などのやや湿った場所に自生し,高さが1.5〜2m位になり7月から8月にかけて10〜20個の花を咲かせます。
 名前の由来は,関東地方以西に分布する「ウバユリ」より大型で,花が咲く時期に葉(歯)が無くなってしまうところから「姥百合(うばゆり)」と呼ばれるようになったという説がありますが,他にもいろいろな説があります。