キツネノカミソリ

トップ > キジカクシ目 > ヒガンバナ科

 「キツネノカミソリ」は本州から九州にかけて分布するキジカクシ目ヒガンバナ科の球根植物です。
 明るい林やその周辺に自生し,春に球根から直接葉を出し,球根を太らせます。そして夏になると一旦葉を落とし,お盆頃に花茎を伸ばして花を咲かせます。
 全体に毒があり,誤って食べると吐き気,下痢,けいれんなどを起こすそうです。