ウド

トップ > セリ目 > ウコギ科

 「ウド」は日本全土で見ることができるセリ目ウコギ科の多年草です。日当たりのよい林縁や傾斜地などに自生し,小さな頃は山菜として利用され,若葉やつぼみ,芽や茎などを食用にします。
 ウドは大きくなると2〜3mにもなり,その頃になると食用にも木材にも適さないところから,「ウドの大木」という慣用句が生まれました。