ワレモコウ

トップ > バラ目 > バラ科

 「ワレモコウ」は北海道片九州にかけて分布するバラ目バラ科の多年草です。日当たりのよい山野などに自生し,8月から10月にかけて枝分かれたその先に写真のような花序をつけます。
 秋の野草として知られ,生け花などに使われるほか,根茎を乾燥させたものを生薬として利用され,下痢止めや止血,口内炎や肌荒れなどにも使われます。