ハグロソウ

トップ > シソ目 > キツネノマゴ科

 「ハグロソウ」は関東以西から九州にかけて分布するシソ目キツネノマゴ科の多年草です。林の下や縁などのやや湿った半日陰などに自生し,草丈は50cm程度になります。花期は7月から10月ごろまでで,淡い紅紫色をした唇形の花を咲かせます。
 葉が暗緑色をしているところから「葉黒草」の名が付いたとか,花の斑点をお歯黒に見立てて「歯黒草」の名前がついたとか諸説あるようです。