アカツメクサ

トップ > マメ目 > マメ科

 「アカツメクサ」は「ムラサキツメクサ」とも呼ばれるマメ目マメ科の多年草です。ヨーロッパから西アジアおよび北西アフリカ原産の帰化植物であり,日本へは明治時代に牧草として移入され,現在では日本全土の野原や畑,道端などで見ることができます。
 似た植物に「シロツメクサ」がありますが,シロツメクサの花が白で花茎が長いのに対し,アカツメクサは花が赤っぽく花のすぐ下に葉が数枚付いています。