イタチハギ

トップ > マメ目 > マメ科

 「イタチハギ」は北アメリカ原産のマメ目マメ科の落葉低木です。日本には1912年に韓国から移入され,法面の緑化などに利用されてきました。高温や乾燥に強く,現在では道端や河川敷,荒れ地などに生育しています。
 花期は5月から6月頃で,黒褐色の花序を形成するところから,「クロバナエンジュ」の別名があります。