クガイソウ

トップ > シソ目 > オオバコ科

 「クガイソウ」は本州に広く分布するシソ目オオバコ科の多年草です。山地や草原,林縁などに自生し,株立ちになります。高さは130cm位になり,葉は4〜8枚が輪生します。この輪生する葉が層になってつくところから「九蓋草」,「九階草」の名前がつきました。
 花期は7月から8月で茎の先端に長い花序をつけ淡い紫色の花を多数つけます。