ヒレハリソウ

トップ > ムラサキ科

 「ヒレハリソウ」はヨーロッパから西アジア原産のムラサキ科の多年草です。コンフリーという名前でも知られ,日本には明治時代に家畜の飼料や食用として栽培され始めました。
 ヨーロッパでは根や葉を抗炎症薬や骨折の治療薬として使用され,日本では葉を天ぷらなどにして食べられていました。しかし最近肝機能障害を起こす毒性があることがわかり,厚生労働省から摂取を控えるように通達が出ています。