カキラン

トップ > キジカクシ目 > ラン科

 「カキラン」は北海道から九州にかけて分布するキジカクシ目ラン科の多年草です。山野の日当たりのよい湿地や沢沿いの湿り気のある場所などに自生します。
 草丈30cmから70cmくらいになり,花期は6月から8月で,黄褐色の花を茎の下から順に咲かせていきます。名前の由来は花の色が柿の実の色に似ているところから付けられました。