コマクサ

トップ > キンポウゲ目 > ケシ科

 「コマクサ」は北海道から本州中部の高山帯に分布するキンポウゲ目ケシ科の多年草の高山植物です。ほかの植物が生育できないような砂礫などの土地に生育し,「高山植物の女王」と呼ばれます。
 草丈は5cmくらいで葉は細かく裂け白い粉を帯びています。花期は7月から8月で淡紅色の特長のある花を咲かせます。その花が馬(駒)の顔に似ているところから「駒草(こまくさ)」と名付けられました。