ミズタビラコ

トップ > ムラサキ科

 「ミズタビラコ」は本州から九州にかけて分布するムラサキ科の多年草です。山地などの湿り気のある場所や渓流沿いに群生します。
 草丈は10cmから30cmくらいになり,5月から6月にかけて,小さい紫色の花を多数つけます。花はキュウリグサに似ますが,キュウリグサが低地で見ることができるのに対し,ミズタビラコは上流の水のきれいなところに生育します。またキュウリグサの花序が真っ直ぐ伸びるのに対し,ミズタビラコの花序の先は丸くなります。