クララ

トップ > ツツジ目 > ツツジ科

 「クララ」は本州から九州にかけて分布するマメ目マメ科の多年草です。日当たりのよい草原などに自生しますが,近年その数が減り絶滅危惧種に指定する県が増えてきました。
 草丈50cmから150cmくらいになり,6月から7月頃に茎の先に黄白色の花を多数咲かせます。有毒植物であり生薬に利用されますが,量を間違えると大脳の麻痺を引き起こし,呼吸困難になることもあります。
 名前は外来語のようにも思えますが,日本語であり,根を噛むとくらくらするほど苦いところから「眩草(くららぐさ)」と呼ばれ,それから「クララ」と呼ばれるようになりました。