カライトソウ

トップ > バラ目 > バラ科

 「カライトソウ」は本州中部の主に日本海側に分布するバラ目バラ科の多年草です。日本固有種で,亜高山から高山帯の草原などで見ることができます。
 草丈は50cmから1mくらいになり,茎は上の方でよく枝分かれします。花期は7月から9月で,茎の先端にピンク色の長い穂状の花を咲かせます。花弁は目立ちませんが,雄しべが1cmくらいの長さになり,花穗全体を覆います。名前の由来は,この雄しべを唐糸(からいと)に見立ててつけられました。