ハス

トップ > ヤマモガシ目 > ハス科

 「ハス」はインド原産のヤマモガシ目ハス科の多年性水生植物です。各地の寺院で植栽されたり,野菜(レンコン)として栽培されたりしています。
 草丈は水面から1m程度になり,7月から8月にかけてピンク色の花を咲かせますが,早朝に咲き始め,午後3時頃には閉じてしまいます。花の開閉は3回繰り返し,4日目には花びらが散ってしまいます。
 仏教では神聖な花とされ,仏像の台座にもその形が使われます。