ミヤギノハギ

トップ > マメ目 > マメ科

 「ミヤギノハギ」は北陸地方に自生する「ケハギ」から作られたマメ目マメ科の落葉低木です。園芸品種として知られ,各地の公園や庭木に植栽されています。
 樹高は1mから2mで,茎は分岐して枝垂れます。葉は互生して先が尖るのが特長です。花期は8月から10月で,紅紫色の花を咲かせます。ミヤギノハギは宮城県の県花になっていますが,仙台市郊外の宮城野地区には自生していません。