ムラサキカタバミ

トップ > カタバミ目 > カタバミ科

 「ムラサキカタバミ」はカタバミ目カタバミ科の多年草です。南アメリカ原産の帰化植物であり,江戸時代末期に観賞用として導入され,現在では道端や畑などで見ることができます。
 草の丈は低く柔らかく,小葉は3枚あります。花期は5月から7月で葉の間から花茎を伸ばしピンク色の花を数個咲かせます。花後に種子を付けることはなく,繁殖は地下にある鱗茎で行われます。