ハクサンオミナエシ

トップ > マツムシソウ目 > スイカズラ科 > オミナエシ属

 「ハクサンオミナエシ」は本州の北陸地方から東北地方の日本海側に分布するマツムシソウ目オミナエシ科オミナエシ属の多年草です。日本固有種であり,山地から亜高山の岩場などで見ることができます。
 草丈は20cmから60cmで,掌状に深く裂けた葉を対生させます。花期は7月から8月で茎の先端に黄色の小さい花を多数つけます。名前の由来は白山で発見され,オミナエシに似た花をつけるところからつけられました。