チドメグサ

トップ > セリ目 > ウコギ科

 「チドメグサ」は本州から沖縄にかけて分布するセリ目ウコギ科の常緑多年草です。道端や人家近くのやや湿った場所などでみることができます。
 葉は光沢があり円形で周りが浅くギザギザになっています。花期は6月から10月で,緑色の小さな花を球状に咲かせます。この葉の汁を傷口につけると血が止まるところから「血止草(ちどめぐさ)」の名前が付けられました。