ハコネウツギ

トップ > マツムシソウ目 > スイカズラ科

 「ハコネウツギ」は本州中部の太平洋側に分布するマツムシソウ目スイカズラ科の落葉低木です。海岸付近の山地などで自生するほか,庭木や生垣として各地で植栽されています。
 樹高は3mから5m程度で枝は灰褐色で,葉はやや厚く光沢があります。花期は5月から6月で漏斗型の花を咲かせます。花は最初は白色ですが次第に赤色に変化します。