ケマンソウ

トップ > キンポウゲ目 > ケシ科

 「ケマンソウ」は中国原産のキンポウゲ目ケシ科の多年草です。日本には江戸時代に観賞用として渡来し,現在では各地で栽培されています。
 花期は4月から6月で茎の上部に紅色の花を一列に並べて咲かせます。花弁は4枚で外側に2枚,内側に2枚つけます。名前の由来は花をつけた茎が大きな弧を描く様子を仏具の華鬘(けまん)に見立てたことからつけられました。別名は「タイツリソウ」で花の様子を鯛に見立てたことからつけられました。