ヒヨドリバナ

トップ > キク目 > キク科

 「ヒヨドリバナ」は北海道から九州にかけて分布するキク目キク科の多年草です。林道の脇や草原など日当たりのよい場所に自生し,草丈は1mから2mになります。
 葉は対生し,短い葉柄があります。花期は8月から10月で,頭花は房状につき,白色の筒状花を咲かせます。ヒヨドリが鳴く頃に花が咲くところから名前が付けられました。