コマツナギ

トップ > マメ目 > マメ科

 「コマツナギ」は本州から九州にかけて分布するマメ目マメ科の落葉低木です。日当たりのよい原野や道端などで見ることができ,樹高60cmから90cmしかなりません。
 枝は細長く,葉は奇数枚の7から13枚程度の小葉からなり,7月から9月にかけて淡紅色の花を咲かせます。名前の由来は茎が丈夫で馬をつなぎ止めることができるところから名付けられました。