ウツギ

トップ > ミズキ目 > アジサイ科

 「ウツギ」は北海道南部から九州にかけて分布するミズキ目アジサイ科の落葉低木です。山野の道端や崖地など日当たりよい場所で生育するほか,生垣など観賞用に植栽されています。
 樹高は2mから4mになり,よく分枝します。葉の形は変異が多く卵形や楕円形,卵状披針形などがあります。花期は5月から7月で,枝先に円錐花序をつけ,白い花を咲かせます。花弁は5枚ですが写真のように八重咲きなどもあります。名前の由来は茎が中空のため,空木(うつぎ)の名前が付けられました。別名は「ウノハナ」で,ウツギの「ウ」を取って「ウの花」と呼ばれます。