イワヒゲ

トップ > ツツジ目 > ツツジ科

 「イワヒゲ」は北海道から本州中部にかけて分布するツツジ目ツツジ科の常緑小低木です。高山植物であり,亜高山や高山帯の礫地などで見ることができます。
 分類は常緑小低木ですが高さは10cm程度しかなく,茎は分枝して緑色の紐状になり,葉は鱗片状になり茎に密着しており,全体がヒノキの葉のように見えます。花期は7月から8月で細長い花柄を伸ばし,白い花を下向きに1個つけます。名前の由来は岩の間から生え,茎がヒゲのように伸びるところから付けられました。