ギョウジャニンニク

トップ > キジカクシ目 > ネギ科

 「ギョウジャニンニク」は北海道から近畿地方にかけて分布するキジカクシ目ネギ科の多年草です。亜高山帯の針葉樹林や混合樹林の湿地などに群生します。
 葉は強いニンニク臭があり,地下にはラッキョウに似た鱗茎を持ちます。葉は根生で6月から7月頃に花茎を伸ばし先端に白い小花を多数つけます。山菜として知られ,葉茎を食用にします。名前の由来は修験道の行者が食べたところからとか,逆に滋養がつきすぎるので修行にならないため食べるのを禁じたところからとかいわれています。

←葉の様子です。