シラタマノキ

トップ > ツツジ目 > ツツジ科

 「シラタマノキ」は北海道から本州中部にかけて分布するツツジ目ツツジ科の常緑小低木です。亜高山帯から高山帯の日当たりのよい乾燥した場所で見ることができ,地下茎を伸ばして枝を傾斜させて樹高30cm程度になります。
 葉は楕円形で鋸歯があり,厚くツヤがあります。花期は7月から8月で,ドウダンツツジのような釣鐘型の白い花を咲かせます。果実は肥大化したガクに包まれて球形になります。名前の由来は,果実が白い玉状になるところから付けられました。