ヤブミョウガ

トップ > ツユクサ目 > ツユクサ科

 「ヤブミョウガ」は関東地方から九州にかけて分布するツユクサ目ツユクサ科の多年草です。湿気の多い林内や林縁などで自生し,草丈は花序を合わせて1mくらいにまで生長します。
 葉はミョウガに似た長楕円形で互生します。花期は7月から9月で茎の先端から花序を伸ばし白い花を数段に分けて咲かせます。花後に実を付けますが最初は緑色で秋になると濃い青紫色になります。

←葉の様子です。