サルナシ

トップ > ツツジ目 > マタタビ科 > マタタビ属

 「サルナシ」は北海道から九州にかけて分布するツツジ目マタタビ科マタタビ属の落葉つる性木本です。涼しい場所を好むため北海道では平地でも見られますが,本州中部以南では高地で見ることができます。
 幹は大きく生長し,丈夫で腐りにくいので,「かずら橋」の材料に使われます。花期は5月から7月で,葉腋に白い5弁の花を咲かせます。花後には直径2cmから3cmくらいの緑色の実を付けます。この実は野生動物の餌になります。