サイハイラン

トップ > キジカクシ目 > ラン科

 「サイハイラン」は北海道から九州にかけて分布するキジカクシ目ラン科の多年草です。山地の林床などに自生し,地下には白色の卵形の球根があります。
 長楕円形で長さ20cmから40cmの葉を通常1枚つけます。花期は5月から6月で,葉の脇から花茎を伸ばし20個から30個の薄いピンク色の花を下向きにつけますが,あまり開くことはありません。名前の由来は,花の様子を戦国時代の武将が兵を指揮する際に使った「采配」に見立ててつけられました。