ハクサンチドリ

トップ > キジカクシ目 > ラン科

 「ハクサンチドリ」は北海道から本州中部にかけて分布するキジカクシ目ラン科の多年草です。山地から高山帯の湿り気のある場所に生育し,草丈10cmから40cm程度になります。
 花期は6月から8月で茎の先端に総状花序を付け,赤紫色で尖った花弁の花を多数咲かせます。花の形が千鳥の飛ぶ姿に例え,また白山に多く見られることがハクサンチドリの名前の由来になっています。